AMIブログ

ドラッカーを読む前のウォーミングアップ
2022年6月9日
カテゴリー/ コンサルタントの一日

「ドラッカーを読んでみたいけど、難しそうなんだよなぁ」と思ったのは、僕だけではないはず。そこで今回、紹介させていただくのが、こちらの2冊:

『究極のドラッカー』
『現場のドラッカー』
國貞克則
角川新書

これら2冊は、ドラッカー経営学をわかりやすく解説した入門書です。内容をエッセンスだけに絞っているので、全体像を効率よく把握することができます。僕はこれら2冊を読んだ後に『マネジメント』にチャレンジしたのですが、全体像をつかんでいたため、内容がスーッと入ってきました。

ところで、ドラッカー経営学のキーポイントは何でしょうか。僕は、それは「人間の幸せの追求」であると理解しています。

例えば経営企画会議などで、「わが社にはイノベーションが必要だ」といった議論が展開されたりしますよね。そこでみんなが色々なアイデアを出し合うのですが、「そもそも、なぜイノベーションが必要なのか?」という話です。

なぜか?

それは、会社が目的とミッションを果たすためです。

なぜ、会社は目的とミッションを果たす必要があるのか?

それは、会社をはじめとする組織の目的が、社員一人一人を社会に貢献させることを通じて彼らの存在意義を高め、彼らを幸せにすることだからです。

なお、ドラッカー経営学の全体像を、超強引に一枚のパワポにまとめてみたので、シェアさせていただきます。何か抜けている点がありましたら、ぜひコメントください。