AMIブログ

労働市場、ドイツの動きはいかに
2022年3月14日
カテゴリー/ コンサルタントの一日

総合人材会社マンパワーグループが、約1,000社のドイツ企業を対象に実施した調査によると、ドイツでは約38%の企業が、2022年第2四半期に新規採用を予定しています。人材削減を予定している企業は15%であるため、ドイツ全体の純雇用予測(NBA)は+23%となります。

人材需要が高いのはIT・通信・メディア分野(NBA=+34%)で、逆に、コロナに悩まされた接客業やホテル業での採用は減少することが予想されています。

地域・都市別に見ると、NBAはミュンヘン(+33%)とルール地方(+31%)が高い一方、フランクフルトでは-8%と、削減が採用を上回る結果となっています。