AMIブログ

ファンのためにこそ、値上げを
2022年2月17日
カテゴリー/ コンサルタントの一日

日本ではインフレが欧米諸国ほど高進していない要因の一つとして、多くの日本企業が、原材料等の高騰を販売価格に転嫁していない事実が挙げられます。

そこには「お客様に迷惑をかけてはならない」という心理が働き、「人件費をはじめとするコストを極力抑えることで、販売価格を何とか維持する」というのが、多くの日本企業が置かれている立場であるといえます。

しかし、それによって被害を被るのは、中長期的に考えれば日本企業、そして日本経済です。

とりわけ、原材料を海外から輸入している場合、高騰分を販売価格に転嫁しない限り、売上・利益の大部分が海外にシフトしてしまう結果となります。

昔から「逆境こそチャンス」と言われますが、今こそ、価格を上げてもファン離れを起こさせないような魅力的な商品を生み出す絶好の機会ではないでしょうか。

「言うは易し」とお叱りを頂きそうですが。