AMIブログ

大変なのは大人だけじゃない、子ども達も
2020年7月28日
カテゴリー/ コンサルタントの一日

Baden-Württemberg州では今週末から夏休みが始まりますが、Mecklenburg-Vorpommern州では来週から早くも授業が再開。そうした中、学校の通常運営を巡っては、様々な意見が錯綜しているようです。

ドイツ常設文部大臣会議(KMK)は、夏休み後の通常運営を再開すべく、「感染症の発生率(低下)が確認できるのであれば、ソーシャルディスタンスを保持しない」というルールを含むフレームワークを7月中旬に発表しました。ドイツ医師会は、授業が十分に行われないことによる生徒への身体的・精神的影響を鑑みて、「学校は可能な限り通常どおりに運営されるべき」とし、KMKに賛同する立場ととっています。

しかし、教師の約20%がリスクグループに属していると推定されることや、多くの学校では窓が限定的にしか開閉できない構造となっているが故に空気交換が十分にできないことなど、問題は山積み状態。そのため、保護者団体は、議論を「うまくいくだろう」という希望的観測に基づかせるのではなく、リアル授業とオンライン授業を並行実施するなど、代案を求めています。