AMIブログ

ホームオフィスで時間価値アップ
2020年7月24日
カテゴリー/ コンサルタントの一日

コロナ危機に伴い、ドイツでも多くの従業員がホームオフィスをしていますが、ある健康保険会社を対象にした調査によると、ホームオフィスによって仕事とプライベートの明確な分離が難しくなったことや、同僚との直接の接触が減ったことを不満に思う声が一部あるものの、多くの人がホームオフィスを前向きに捉えているようです。

同調査によると、ホームオフィスを始めたことによって、ストレスを感じない割合が48%から57%に上昇。​また、ホームワーカーの56%が「オフィスよりも自宅のほうが生産性が高まった」、そして67%が「仕事と家庭生活を両立できるようになった」と回答。さらには、コロナ危機を機にホームオフィスを始めた従業員の77%は、事態の収束後も在宅勤務を継続したいと考えている、という結果も出ています。

そういう僕も、クライアントミーティングが入っているときを除けば、最近はほぼずっとホームオフィスしており、在宅勤務によってオン・オフの境界線が曖昧になったことは否めません。しかしながら、ホームオフィスが仕事の生産性を高めているのも確かであると思います。​