AMIブログ

【本の紹介】新幹線お掃除の天使たち
2020年5月19日
カテゴリー/ コンサルタントの一日

こんにちは、中尾です。

僕の年間読書量は約100冊ですが、今日は、最近特に感銘を受けた本『新幹線お掃除の天使たち』を紹介させてください。

新幹線や新幹線駅校内の清掃を主に行う、株式会社JR東日本テクノハートTESSEI(通称『テッセイ』)。わずか7分ですべての清掃をこなしてしまう従業員の技術、そして『世界一の現場力』として海外でも絶賛される会社の社風がどのようにして生まれたのかを、臨場感ある文章で綴っています。

経営陣の、現場スタッフへの敬意をベースとした組織運営。「どうすれば、乗客が快適な旅を楽しめるか」を常に考えて自主的に行動する現場スタッフ。この2つの力が融合することによって、僕達のような乗客が「あ~、日本の新幹線はいいなぁ」と実感するのだということに気づかされました。

「なんでそこまでしなくてはいけないの?」という現場の声も当初はある中で組織改革を断行した経営陣の手腕は圧巻です。

また、当初は親戚や友人にバレないように働いていたある従業員。その方が昇進面接を受けた際、次の言葉で締めくくったのです:

「私はこの会社に入るとき、プライドを捨てました。でも、この会社に入って、新しいプライドを得たんです。」

これを読んだ僕は、目頭が熱くなるのを感じました。

当たり前と思い込んでいることが実は当たり前ではなく、そこには多くの方々の苦悩や努力、知恵、支え合いがあるのだということを教えてくれる、心温まる本です。