AMIブログ

あなたにとっての『第二領域』とは?
2020年5月15日
カテゴリー/ コンサルタントの一日

こんにちは、中尾です。
今日は、『自己管理・自己投資』について少し考えたいと思います。

今現在、多くの方がテレワークをされていると思います。
仕事はテレワークであれ何であれ、当然するのですが、普段より一人でいる時間が増えると、「いかにして自分を律するべきか」という問題に直面することもあるのではないでしょうか。
そんなとき、僕が拠り所としているのは、『7つの習慣』の著者であるスティーブン・コヴィー氏が提唱する『時間管理のマトリックス』です。

『時間管理のマトリックス』とは、図が示すように、時間を「重要・重要でない・緊急・緊急でない」という4つのマトリックスで捉える方法です。

多くの方は、第一領域に分類される諸問題に忙殺されているのが現状ではないでしょうか。
それはそれで重要ではあるし、仕方のないことでもあるのですが、第一領域に属する人々は、時間さえあれば『第四領域』、すなわち生産性の低い暇つぶしなどに逃げ込む傾向があります。なので、もっとも大切なのは、緊急ではないが重要な事柄を取り上げる『第二領域』なのだ、とコヴィー氏は言います。

普段から貯金をしておかないと、いざというときに必要なお金はありません。
『第二領域』は貯金と同じで、いわば『自己投資』です。
どんなに忙しくても、自己投資のための時間を ~それがたとえ一日10分であったとしても~ 確保することが、自身のレベルアップにつながるのです。

…と、えらそうに書きましたが、これは僕が常日頃から自分自身に言い聞かせている、自分への戒めです。

働き方や時間の捉え方、また、価値の定義など、あらゆることの意味が根本から見直されつつある今現在。
これを機に、自分にとっての『第二領域』が何なのか、今一度考えてみませんか?