AMIブログ

予定されている移転価格文書化義務の拡大および税務調査の加速化について
2022年7月26日
カテゴリー/ 税務・会計・法務コラム

ドイツ連邦財務省(Bundesministerium der Finanzen, BMF)は今月、税務調査の実施に関する租税通則法の改正案を公表しました。移転価格税制に関連する改正案は、以下のとおりです。

  • 移転価格文書は、税務調査に関する調査命令が発行され次第、税務当局による要請がなくとも提出するものとする。
  • 通常取引に関する移転価格文書の提出期限は、通常外取引と同様、30日以内とする。
  • 税務調査の加速化を図るべく、税務当局は納税者に対して、適切な協力を要請する。協力が得られない場合、税務当局は納税者に対してペナルティを課す(1日あたり100ユーロ@最大100日間。場合によっては、1日あたり最大10,000ユーロが課される。)
  • 上記は、2024年12月31日以降に開始する事業年度から適用される。