AMIブログ

スタグフレーションと在ドイツ日系企業
2022年3月17日
カテゴリー/ 税務・会計・法務コラム

世界的に高まる「スタグフレーション・リスク」。在ドイツ日系企業にももちろん、無関係ではありません。

ドイツの所在する日系企業約1,900社のうち、約56%は仕入販売に従事。仕入れ値の上昇や輸送費の高騰など、それら企業に与えるインパクトを看過することはできません。

スタグフレーション・リスクは、誰が負うものでしょうか?また、それにより利益が減少した場合、どのように説明すればよいのでしょうか?